交通・生活情報>食品>飲料
・許可無く本サイトの一部または全ての文書・画像の複製および転作を禁止します。

■ シンガポールの水道水は、日本と同様にそのまま飲んでも問題はありません。しかし、私はやっぱり水道水を生のままで飲むのに抵抗があり、いつもミネラルウォーターを購入しています。そこで、いくつか試した中でおすすめの一品(笑)をご紹介します。

□ 売っているミネラルウォーターの種類は多数あり、大きく分けると「ヨーロッパ産の硬水(いわゆるエビアンとかボルビックとか)」と「日本の水(軟水・硬水)」、そして「マレーシアやインドネシア産の硬水」です。値段はヨーロッパ産のものがとりわけ高く、マレーシア産などがお手頃価格です。

□ マレーシア産などの水は「コールドストレッジ」や「フェアープライス」といったローカルスーパーで1.5Lものが約$1以下で売っています。また、各スーパーのオリジナルブランド(?)の水もあります。私が飲んだ個人的意見ですが、フェアープライスのオリジナルの水は、なんだか変な味があるような気がして、好きではありません。

□ おすすめミネラルウォーターは、なんといっても、COCA-COLAの出している「ICE MOUNTAIN, Pure Drinking Water」(写真)です。1.5Lと500MLがあり、1.5Lはコールドストレッジで$0.97、フェアープライスで$0.95とお買い得です。ちなみに免税店のDFSでは、500MLが$1でした...。(やっぱり高いねー)


■ シンガポールの飲み物(お茶を含む)には、多量の砂糖(ショ糖)が加えられているものが多く、最初の頃は苦労しました。ちなみに、何故か緑茶にも砂糖が入っているのでとっても甘いです。(冷たくてもかなり甘く感じるものが殆どなので、どれだけ糖分が入っているのかと想像すると恐ろしくなります... 手につくと後でベタベタとするくらいです...)

□ そこで、糖分の入っていないお茶がいくつかあるので、それをご紹介します。

□ 今のところ私が知る限り、缶1種類,ペットボトル3種類いずれもウーロン茶があります。缶はPOKKA(ポッカ)のウーロン茶、ペットボトルは、POKKA(写真),YEO'S(写真),FIRST CHOICE(写真)の3種類です。

□ これらは、全く糖分は入っていないので安心して飲めます。ただ、缶はホーカーでも見かけますが、ペットボトルはスーパーに行かないとないかもしれません。


↑ICE MOUNTAIN 1.5L
シンガポールでは結構ポピュラーかも
 

↑POKKAのウーロン茶(無糖) 500ML・
Yeo'sの無糖ウーロン茶 500ML・
FIRST CHOICEの無糖ウーロン茶 500ML